スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピティナ・ピアノコンペティション「連弾の部」挑戦記@八尾プリズムホール

ちょっとしたきっけからいつも連弾のお相手をしてもらっている方とピティナのコンクールの連弾部門(初級Bカテゴリー)を受けることになり、
今日は、その地区予選が八尾のプリズムホールで開かれました。
DSC_02932_convert_20140707200344.jpg


このコンクールのカテゴリーの一つである連弾初級Bの課題曲に、この間、お相手さんとずっと弾き続けてきたギロックの「歩道のカフェテラス」が入っていて、それを見たお相手さんが「受けてみたいかも・・・」と言い始めたのがそもそものきっかけ・・・
はじめは、僕のピアノの先生でもあるお相手さんのお母さんといっしょに参加する話でしたが、
話が進んでいくうちに元々の曲の相手であった僕と参加するということになったのです・・・
光栄というか申し訳ないというか・・・(^^;

参加が決まってからのこの2ヶ月間、僕のレッスンに合わせ練習をしに来てもらったり、本番と同じ会場で行われるホップステップコンサートにリハーサルがわりに参加したり、お相手さんも学校のことやら色々忙しい中でがんばっていただきました。
僕もなんやかんやある中で何とか曲に取り組んできて(予選通らなくても本選用の曲も準備していかなければならないのが大変・・・)、いよいよ今日が本番の日。
もっとがんばれたよな~という気持ちも少しはありましたが、腹を括って本番にのぞむことにしました(^◇^;)

当日は、雨も降ってきそうな空模様・・・
八尾で何か弾く時は何故かたいてい天気が悪いんですよね~^^;
そんな中、お相手さんとその妹さん、先生といっしょにいざ会場へ。
連弾初級Bの受付けは11時15分から・・・
前のカテゴリーの終盤ぐらいに到着したこともあり、ロビーはけっこう賑やかです。
連弾初級Bは、どちらかが中学3年以下というのが参加条件らしく、他の参加者はほとんどが子ども同士での参加。
大人といっしょとはいっても親子での参加というパターンが多いようで、
僕らみたいに年の離れた他人同士というペアはまずいなさそう・・・(^^;
前後のカテゴリーも子どもさん対象のカテゴリーなので、ロビーも親子連れ、家族連れが多く、けっこう賑やかな雰囲気でした。

同じカテゴリー内の演奏順は当日受付けをした際に教えられるのですが、
今回、僕たちと同じ課題曲の「歩道のカフェテラス」を選曲したペアが1組・・・
できたら自分の演奏前に他の人の演奏は聴きたくないな~(^^;
でも、自分たちの後にそのペアが演奏する形になるには、自分たちが1番目に演奏する形でなければならないようで、確率は低そう・・・
結局、僕たちの順番は4番目、出番前に同じ曲の演奏を聴くことになるのか~(-。-;
舞台袖に行くまえからソワソワして挙動不審な自分に対して、お相手さんは、iPhoneのゲームアプリに夢中になったり余裕の表情・・・^^;
うう・・・場数の違いか~(´Д`;)
プログラムの中の審査員の名前に目をやるとギロックの直弟子の伊藤仁美さんの名前がありました。
伊藤さんは、2年前に名古屋でベーテンコンクールを受けた際にも審査をしてもらった方で、その年のエリーゼ音楽祭の全国大会に参加した際も審査員だった方。
不思議な縁を感じましたが、ギロックの直弟子さんの前で演奏するギロックの曲、きれいに弾けたらいいな・・・

舞台袖で出番を待ってる時の緊張感、何度経験しても慣れません~(ノД`)
指も震えてきてるし、もうあかんわ~なんて思っているうちにもう自分たちの番・・・(苦笑)
直前にお相手さんとがんばろう!ってエールを送り合って、いざ舞台に立ちました。
プリズムホールの小ホールのピアノはこの間、ホップステップコンサートでずっと弾いてきたピアノ。
どんなピアノかある程度分かっているというのは、心強いのですがそれと落ち着いて弾けるかというのは話が別!(^^;
弾き始めると案の定、緊張した時に起こるフワフワしたような指に力が入らないないような嫌な感触・・・
それでも何とか中盤までは弾き進めていったのですが、中盤の最初の部分でミスタッチをしてしまい動揺が広がり、終盤で大きく音を外してしまいました・・・・゜・(ノД`)・゜・
何とか止まらずに最後までたどり着きましたが、
やっちまった~もうこれで予選通過はないなと・・・(-_-;)
終わった後、ごめんさ~いと平謝りの僕に「気にしないで! 楽しく弾けたよ」と言ってくれるお相手さんが救いかな~
舞台袖からロビーに帰ると先生やお相手さんの妹さん、同じ教室で今日参加されていた方もいて、みんな「気にすることないよ~」って慰めてくれたけど、やっぱり悔しいわ~(T_T;)
でも、前にソロでコンクールを受けた時は、上手くいかなかった時も1人で寂しく会場を去ったものだけれど、今日は待ってくれている人もいて、嬉しい気持ちや残念な気持ちも共有してくれるお相手さんもいて、仲間がいるってやっぱりいいもんだな・・・(#^.^#)

結果発表まで時間があったので、会場の隣の西武でしばしくつろぎのランチタイム。。。
DSC_0284_convert_20140707200035.jpg


で、結果はというとやっぱりの予選通過はならず。
通過ラインは8.12で僕らの平均点は7.94なので、その差は0.18・・・
それがもうあと僅かだったと思ってよいのかは分からないけれど、予選通過には値しなかったというのが現実の評価なのでしょう。
表現が素晴らしいと通過ラインを超える評価をしてくれた方もいたけど、審査コメントは真摯に受け止めたいなと思います。
DSC_0294_convert_20140707200440.jpg

DSC_0296_convert_20140707200539.jpg

DSC_0297_convert_20140707200620.jpg

DSC_0298_convert_20140707200648.jpg

DSC_0299_convert_20140707200730.jpg

でも、今日まで長い間、同じ曲を文句のひとつも言わずいっしょに取り組んできてくれたお相手さんにとにかく感謝です!
そしてそれを支えてくれた先生や今日、応援にいっしょに来てくれた妹さんにも感謝!
みんなの協力があって、今日を向かえられたのだと思います。
ありがとう!
DSC_029023_convert_20140707200907.jpg

出番前には、あんなに参加したことを後悔していたのに終わるとまた次も挑戦したいな~と考えている自分がいました(^^;
懲りないんだわ・・・^^;
また、がんばりま~す!



スポンサーサイト

大分とんぼ返り演奏記(♪♪もっと気楽に♪♪第37回大人のためのピアノ発表会 in Oita)

ずい分、間が空いてしまってますが^^; この間のピアノに関わることで印象的だったことをボチボチ書いていきたいと思います。

5月10日の土曜日、♪♪もっと気楽に♪♪第37回大人のためのピアノ発表会 in Oitaに参加するため、大分まで日帰りで行ってきました。
何度か参加している♪もっと気楽に♪~in Osakaは、この大分の会が発祥の地。
言わば、in Oitaは、♪もっと気楽に♪~の本家みたいなものになります(^ ^)
in Osakaには、大分から参加されている方もおられるし、in Oita参加しました~っていう常連の方もおられるので、何度となく「大分にもぜひ参加してみてくださいね!」というお誘いは受けていたものの、なかなかパッといけるような距離でもなく、お金もなく(苦笑)・・・ただ、いつか参加してみたいな~という思いは持っておりました。
きっかけになったのは、昨年末に♪もっと気楽に♪~in Tokyoに参加したこと。あと、大分からin Osakaに参加されていた方と連弾をいっしょにしたことでした。東京の会に参加して、他の支部の大阪とはまた違う雰囲気の楽しさを味わったことと、大分から来た方と連弾するんだったら、in Oitaでもいっしょに弾いてみたいというのが、行ってしまえ~という行動力につながった感じです(^^;

大分までの道のりについては、何で行こうか迷ったところですが、結局会場までのアクセスの便の良さから、新幹線+特急で行くことにしました。鶴橋駅で大分までの往復切符のことについて、駅員の人にたずねると、往復割引なるものがあるらしく、かなり当初予算より安くなることが判明!なんともラッキーです(*^^*)
大分まで、片道約4時間ほどの旅・・・長いな~と思っていたものの気が付くとあっという間に新幹線は小倉に・・・^^;
小倉からは、ソニックという青いボディがかっこいい特急に乗り換えて大分まで行くことになりました。
DSC_0183_convert_20140614193943.jpg
青い特急ソニック

ただ、このソニックの運行数がそんなに多くなくて、乗り継ぎの時間とかを含めて、会場に着く時間を考えると、到着は14時ぐらい・・・
開演は、13時なので、ぎぇ~間に合わん・・・
実はこの期間、大分では、ピアニストのマルタ・アルゲリッチが主催する音楽祭が毎年行われていて、それに合わせて開催されているin Oitaでは、参加者がコンサートを聴きにいけるように通常よりも開演時間を早めているのです。僕は日帰りで帰らなければいけない事情があるので、音楽祭は残念ながら、聴きにいけないのですが、家を出掛けにバタバタしたとはいえ、結局、初参加で大きく遅刻とは、また残念・・・
それでも、何とか参加すべく会場に向かいます。
特急の中では、アルゲリッチ音楽祭の宣伝のアナウンスでドビュッシーの連弾曲「小組曲」の中からの曲が流れたり、否がおうにも気分は盛り上がります(^ ^)
宮崎や大分の風景でつい連想してしまう椰子の木(?)が海沿いに見えてくると、ああここまで来たんだな~と実感・・・
遅刻確定なだけに気分も焦りながら会場についたのは開演から1時間遅れの14時頃。
会場は大分駅から10分ほど歩いたところにあるiichiko総合文化センター内にある地下スペースBeリハーサル室です。
DSC_0184_convert_20140614194011.jpg
大分駅前 思った以上に都会な街並みでした

DSC_0186_convert_20140614194228.jpg
iichiko総合文化センター

DSC_0188_convert_20140614192723.jpg
スペースBeリハーサル室

会場の扉の前に立つと中から演奏する音が・・・シューベルトの即興曲Op.90-3・・・
いつもin Osakaでご一緒してる大分の方の演奏だ~(^ ^)
もう何度か聴いている演奏なので、姿が見なくても音だけで、その人の姿が浮かんできてしまう・・・何だか嬉しい気持ちになってきました(*^^*)
曲が終わって扉を開けて、初めての参加、初めての会場、初めての人たちの中にちょっとドキドキしながら入っていくと、大阪でのお仲間さんやin Tokyoでお会いした方の顔も・・・
ホッとするな~(^^;
到着した時は、1部の演奏はほぼ終わりかけで、大阪でのお仲間さんたちは、音楽祭の方に行くということもあって、みんな1部で演奏されてたので、演奏が聴けなかった方もいて、残念・・・
休憩時間の後、2部が始まるのですが、トップバッターで連弾の出番!
ぶっつけか~と覚悟していたのですが、遅れてきたということで、少しの時間だけお相手さんと試弾の時間をいただけました。よかった・・・^^;
会場まで焦って来たので、息もちょっとあがっているし、頭もいきなり来てごちゃごちゃしてるので、試弾の時もなかなか集中できなくて、変なミス連発・・・大丈夫かな~
結局、本番の時も落ち着ききれず、ミスも多かったので、今回もお相手さんに助けられた感じかな・・・(^^;
でも、大分に来て、大阪で知り合ったピアノ仲間さんとこうして連弾ができるなんて、何とも嬉しいことというか・・・幸せなことだな~と思いました(*^^*)
お相手さん、ありがとうございます!
その後、お相手さんのソロ演奏も聴くことができ、他の参加者の方の演奏も聴く。
どの方もピアノを弾くことが好きな気持ちが伝わってくる演奏で、聴き入ってしまい。
途中、大阪のピアノ仲間さんたちが音楽祭を聴きに退出したのも全然気付かないほどでした。
僕の演奏は第3部の2番目、事前の連弾演奏で落ち着くことができたのか、初めての会場にもかかわらず意外に落ち着いて演奏できた感じです(^ ^)
ミスはたくさんあったけどね・・・(^^;
連弾のお相手さんは、ここで退出。
演奏聴いてもらえてよかったかな・・・

本日の演奏プログラムは以下の通り。
<第1部>
○連弾
1. アイネクライネナハトムジーク第3楽章(モーツァルト)
○独奏
1. プレリュード Op.16-1(スクリャービン)
2. トッカータ ニ長調 BWV.912(J.S.バッハ)
3. パルティータ第2番よりシンフォニア(J.S.バッハ)
4. V.R.のポルカ(ラフマニノフ)
5. ピアノソナタ「熱情」第2楽章(ベートーヴェン)
  すれ違う心(西村由紀江)
6. 即興曲 Op.90-3(シューベルト)
7. 練習曲Op.10-1,Op.25-1(ショパン)

<第2部>
○連弾
2. ワルツ第15番(ブラームス)
○独奏
8. 前奏曲第1番Op.87(ショスタコービッチ)
9. 夢(ドビュッシー)
  ドラゴンクエスト3 おおぞらをとぶ(すぎやまこういち)
  ファイナルファンタジー7 ティファのテーマ(植松伸夫)
10. エリーゼのために(ベートーヴェン)
11. ワルツ Op.124-4(シューマン)
  プレストアジタート Op.53-3(メンデルスゾーン)
12. 旅(西村由紀江)
  貝殻のささやき(林知行)
13. 愛の挨拶(エルガー)
  ジュ・トゥ・ヴ(サティ)
14. 叙情小曲集より(ギロック)

<第3部>
○連弾
3. エレガントなワルツ(グレンダ・オースチン)
○独奏
15. ソナタ ニ短調K.213/L.108(スカルラッティ)
16. 飛翔『幻想小曲集』より(シューマン)
17. ノクターン Op.72-1(遺作)(ショパン)
  ワルツ Op.34-3(ショパン)
18. パルティータ第1番より(J.S.バッハ)
19. 小犬のワルツ(ショパン)
20. ピアノソナタ Op.53「ワルトシュタイン」第1楽章(ベートーヴェン)

先月のin Osakaに負けず劣らずのお腹いっぱいのプログラム(^ ^)
1部の演奏がほとんど聴けなかったのが残念ですけど、とても聴き応えのなるプログラムでした♪
演奏前の一言では、娘さんの結婚式で弾くという曲を演奏された方がいたり、患者さんの前で弾かなければいけないからその練習にと参加された病院の先生がいたりと、それぞれが色々な思いや目的を持って、ピアノを弾いていて、今日のこの会に参加されているのが分かり、またその思いが演奏に素敵に反映されていて、何度も演奏に引き込まれる瞬間があって、本当に楽しい時間を過ごせたと思います。

あと、よくよく気付くと、in Oitaは、男性の参加率が多い!
参加者のほぼ半数が男性だったような・・・
4月の♪もっと気楽に♪~in Osakaでは、参加者中、男性が僕1人だったことを考えるとえらい違いだ・・・^^;
そういえば、自分の立ち上げたサークルでもメンバーのほとんどは女性・・・
もともとピアノは女性がしている率は多いと想像つくのですが、
この違い・・・地域柄か?
何でも、in Oita参加男性で作る男子会なるものも存在するらしく、この後のフリータイムでお誘いを受けました(・∀・)
遠方なことを考えると実際参加はなかなか難しいと思うけど、何だか嬉しかったです(^^)

発表の時間が終わると後は自由にピアノを弾いてよいフリータイムなのですが、
今回は終了時間までにかなり時間があるということで、
主催者さんの提案でもう一巡、弾いちゃいましょうということに・・・
違う曲を弾く人もいれば、もう一度同じ曲を弾く人もいたり、もう1回とはいっても、みんなおしゃべりもしながら聴きつつのリラックスした中での演奏。
僕はレパートリーもないので、同じスカルラッティをもう1度弾きました。
これが2回目とはいえ、なかなか上手く弾けないんだな~^^;

顔なじみのピアノ仲間さんたちはみんな音楽祭の方を聴きに行ったので、
1人残された感じになってしまい、ちょっと寂しさもあったのですが、
逆に大分のピアノ好きな方たちとたくさんお話できたので、これはこれでよかったかな・・・
みなさんとても気さくに話してくださって、嬉しかったです(*^^*)
結局、帰りの時間のこともあったので、会がちゃんと終わる前に退出させてもらい、
本当のとんぼ返り演奏記となってしまいましたが、
会場からの帰り、駅までの方角が分からなくなって、
地元の人に尋ねると、親切にも案内がてら送ってくださったり、
そこでまたお話もできたり・・・
最後まで色々な方と交流できた1日でした(^^)

疲れたけど楽しかったな~
またいつの日か参加してみたいです!
DSC_0261_convert_20140619193009.jpg


「第6回♪もっと気楽に♪大人だけのピアノ発表会 in Osaka」に参加(^^)

4月26日の土曜日に、「第6回♪もっと気楽に♪大人だけのピアノ発表会」が開催されたので、参加してきました。
DSC_0179_convert_20140502221442.jpg

第1回目から参加して、何だかんだでこれまで欠席は1度だけ。
毎回参加しようと思うのも、タイトル通りの気楽に参加できる雰囲気があるからだと思います(^^)
毎回参加してるとお知り合いになる方も増えてくるし、ここでしかお会いできない方と会えるのも、また楽しみの一つだったりします。
今回は、19名の方が参加されていました。
演奏曲も前回同様、盛りだくさんで聴きごたえ十分!
自分はソロでは、相変わらずのスカルラッティを演奏しました。
そして、今回は連弾も!
ブラームスのワルツOp.39-15を今回の会の主宰者さんといっしょに弾きました(^^)
この連弾企画、持ち上がったのが去年の1月の♪もっと気楽に♪~in Osakaの打ち上げの時だったので、1年越しでの実現です(*^^*)
その間、先生の娘さんとPTNAステップでいっしょに弾いたりもしたけど、ようやく本来のお約束のお相手と演奏することができて、約束が果たせてホッとしたような・・・(^^;
ただ、この間、恐ろしく忙しい状況の中で、なかなか練習も進まず、ちゃんと練習し始めたのが、本番1週間前という有様・・・
1度譜読みしてるから、何とか間に合ったものの、かなりヤバかった(-_-;)
この曲、最後のあたりに手が接近して弾きにくい箇所があって、それはレッスンで先生にも合わせてもらって練習したのだけど、やっぱり実際の相手と合わせてどうなるかは不安なところ・・・
多分、当日はぶっつけ本番になるだろうし・・・(・・;)
とちょっと不安に思ってたところに、お相手の方から当日の直前に難波のスタジオで泥縄練習(笑)しませんか?とのお誘いが!ラッキー~!(^^)!

直前の泥縄練習場所は難波にあるカワイのレンタル練習室で、こんな場所にピアノが練習できる部屋があるとは知りませんでした。
約束の時間をちょっとだけ過ぎてお部屋に着くと、お相手さんは既に練習中(^^)
1月にも顔は合わせてるんだけど、その時はたいして言葉も交わせなかったので、何だか久しぶりな感がして嬉しい~(*^^*)
といっても、ゆっくり挨拶してる時間もないので、早速練習開始です!
やっぱり予想通り、いっしょに合わせると1人での練習とは違って、
思わぬところでつまずいたり、なかなか上手くいかない・・・(^^;
最後の手が接近して弾きにくいところなんか、思わずお互い顔を見合わせて笑ってしまうしかないほど・・・(;・∀・)
それでも何度か合わせているうちに何とか流れのようなものはつかめてきたかな・・・
直前泥縄練習できて良かった~^^;

練習室を出て、会場近くの定食屋さんでいっしょにご飯を食べていると、今日の会に参加されるお知り合いの方たちが昼食を取りに入ってこられたり、もうすぐ始まるんだな~って実感も出てきます。

会場に入ると、まだ前の時間の方が利用されてたんですが、入ってもよいとのことなので、会場のオーナーさんの話を聞きながら、お相手さん(主宰者さん)は受付の準備。
オーナーさんが今日はこんな感じでどうでしょう?と椅子を並べ始め、できたのが、ピアノをぐるりとコの字で囲む形・・・今までは、普通に椅子をピアノの前に列にして並べていく形だったので、ちょっといつもと違う感じかな・・・弾く時、緊張するんだろうか・・・?
そうこうしてるうちに参加者の方も集まってきて、知ってる人とは、お久しぶり~と話の花も咲きます(^^)。
試弾時間は参加者も多いので1人2分!
自分のソロの時間を連弾にくっつけてもらい4分ほど連弾練習に使わせてもらいました。
最後の部分は不安だけど、何とか曲の流れは出せそうかな?
こういう場では、楽しんで弾ければ、それでよし!です(^^)

当日の曲目は以下の通り(会のブログより転載させていただきました)

前半
・ソナタ K.283  1楽章(モーツァルト)
・【連弾】ワルツ第15番(ブラームス)
・舟歌(ショパン)
・V.R.のポルカ(ラフマニノフ)
・即興曲 第2番(フォーレ)
・ピアノソナタkv311 全楽章(モーツァルト)
・トパーズ色のカクテル
オデオン
イオランダ(ナザレー)
アイ・ガット・リズム(ガーシュウィン)
・ソナタニ短調K.213/L.108(スカルラッティ)
・クラウザン組曲  第1集 第5番ホ長調 HWV430より
4・エールと変奏 『調子のよい鍛冶屋』(ヘンデル)
前奏曲第1集より 12・ミンストレル (ドビュッシー)
3つのチーク県の民謡(バルトーク)
・即興曲 op.90-1(シューベルト)
神秘の防壁(クープラン)

後半
・即興曲 Op.90-3(シューベルト)
・メドレー
 『悲愴第3楽章~紡ぎ歌~6つの小さなプレリュードより第2曲』(V.A)
・ノクターン 16番(ショパン)
・【連弾】主よ人の望みの喜びよ(バッハ)
・プレリュード 第4番・第20番(ショパン)
 渚のアデリーヌ(ポール・ドゥ・センヌヴィル)
・インヴェンション1番(バッハ)
 ソナチネ Op.36-6(クレメンティ)
 ソナタ K545 1楽章(モーツァルト)
 エチュード Op.10-12 『革命』(ショパン)
・練習曲 op.10-1 op.25-1(ショパン)
・ピアノソナタkv570 3楽章(モーツァルト)
・夢想(ドビュッシー)

ほんとこれだけ多彩な曲を一度に聴く機会はそうはないな~
楽しくお腹いっぱいになりました(^^)
個人的には、ナザレ―を弾いた方の演奏が印象に残ってて、
初めて聴く作曲家だったけど、
演奏に躍動感があって、リズムにもキレがあって、
素晴らしかった。
パワフルなだけでなく、柔らかい部分もきちんと表現されていて、
以前にも何度か演奏を聴かせていただいている方だけど、
曲への愛情やしっかり曲に向き合っている姿勢が感じられて、とても素敵な演奏でした(^^)
刺激になるな~

自分たちの連弾はそうだったかというと、
危うい箇所は多々あったけど、お相手さんのおかげで、
とても楽しく弾くことができました!
ありがとうございます~(*^^*)
次は実は、大分での♪もっと気楽に♪~でもいっしょに弾く予定・・・
リベンジなるかな?^^;

ソロは出だしの箇所で、なんでこんなところ外すかな~って箇所で音を外し(しかもリピート時にも同じところを外す・・・)、自分でもずっこけそうになりましたが、全体的には意外に落ち着いて弾くことはできました。
やっぱり本番で思ったようには弾けないものだ・・・
というか練習不足か(^^;

無事に会が終わった後は、会場近くの居酒屋で有志参加のみんなで打ち上げ。
しめは、甘いものをということでパンケーキがメインのお店に行きました。
個人的には、色々なサプライズもあり、とても充実した楽しい1日でした。
みなさんに感謝です(*^^*)

また、次回を楽しみにしてま~す!

4/6 ホップステップコンサート@八尾プリズムホール小ホール

このところ忙しくて、更新もできないままでした^^;
ようやく少しづつ余裕も出てきたので、
この間のピアノ関係の出来事を少しづつ書いていこうと思います。

4/6(日)に八尾で行われた小阪楽器主催のホップステップコンサートに参加してきました。
今年最初のホップステップコンサートです。
八尾の開催はいつもプリズムホールの小ホールで行われるんですが、
駅に近いという会場の便の良さもあってか、八尾での開催はいつも盛況です。
今回も参加者数はなかなかの数で、朝の9時40分から始まって、大人の部の開催は18時20分からでした(^^;
DSC_0151_convert_20140430005855.jpg
八尾プリズムホール小ホール

僕は、今回は連弾とソロでの参加。
ソロはいつものスカルラッティ、連弾は先生の娘さんと続けて弾いているギロックの歩道のカフェテラスを弾きました。
2月のジャンプステージと同じ曲目・・・リベンジなるかといったところです(^^)
DSC_0176+2_convert_20140430010538.jpg

DSC_0001_convert_20140430010645.jpg

ただ、とにかく3月の半ばぐらいから目のまわる忙しで、レッスンにもなかなか行けないような有様。
連弾の練習も本番1週間前からようやく練習開始という状態でした(^^;
そんなこともあって、本番前の直前数日は、娘さんといっしょに毎夜の連弾追い込み練習(こんな時、教室の上に居てはるのは、来てもらうのに便利です^^;)。木曜日のレッスンから金土と当日の日曜日まで練習に付き合ってもらいました^^;・・・感謝です。
当日の直前練習の後は、いっしょに会場まで出発。
今回は先生も大人の部に参加、娘さんの妹さんも見に行きたいと言ってはったので、4人で会場に向けて出発することに(^^)
会場には、多少余裕を持って着くことができたので、前の人の演奏も少し聴くことができました。
子どもさんが多いんですが、みんな上手い~
中には、ショパンのスケルツォを弾くような子もいて、なかなかの聴きごたえです(^^;

連弾の部の順番が近づいて、いつものように緊張でドキドキしながら娘さんといっしょに舞台袖に・・・
いくら経験しても舞台袖のこのドキドキには慣れないな~(-_-;)
そんな中、娘さんといっしょに座っていると、娘さんがおもむろに自分の楽譜を取り出し、ポイントとなる箇所のチェックを始めた・・・珍しい(失礼!)
いつもは、もう完全に暗譜しちゃっているからと楽譜すら持ってこないこともあるのに、今回は直前の練習段階から気持ちが入っているというか、集中できている感じがしました。そうなると元々、実力はあるわけだし、表現も2月の時に比べると、とても入り方が丁寧で、いっしょに弾いているこっちも気持ち良く弾けてとてもいい感じです(*^^*)
娘さん、どうかしたんかな?
春休みということもあって、少し気持ちに余裕ができてるのかな~(^^;

舞台に出ても、娘さんは落ち着いていて、とても丁寧に弾いてくれました。
加えて、僕も何でかこれまでに比べるとすごく落ち着いて弾けていて・・・
前半に1箇所、大きく音を抜かしてしまったけど、それも上手く切り抜け、
むしろミスして逆に開き直って弾けたし、最後まで自分の演奏や娘さんの演奏をきちんと聴きながら
演奏できたような気がします!(^^)!
今まで、娘さんとは舞台で何度かいっしょに演奏してきたけど、初めて手応えを感じられたような気がするし・・・
嬉しい~(*´▽`*)
何で今日こんなふうにできたのか、よく分からないんだけど、人前演奏を続けてきて、これが次のステップにつながるきっかけになるようなら嬉しいことです(*^▽^*)
何より娘さんと舞台でいっしょに演奏して、初めて演奏に手応えが感じられたのが嬉しかったです!

娘さんの妹さんが撮ってくれた動画

連弾が終わるとすぐに大人の部のソロ部門。
僕は、2番目の演奏。
舞台に出て、鍵盤の上に手を置くと、今日はいつもに比べて、とても落ち着いて弾けるような、そんな気がしました。
ところが、冒頭の部分で左手がミスタッチをし、弾きなおしてしまい、しかも正しい音が出てこないという状況になってしまい・・・(;´Д`)
何とかして先には進めたけど、その後もちょっとしたところでミスを連発・・・
気持ちの上では、何か今までで一番落ち着いて弾いてたんじゃないかって感じで、自分の弾いている音もよく聴けていたと思うんだけど、如何せん、ミスタッチが多い多い(-_-;)
やっぱりそう上手くいかないな~
ミスタッチ連発については、もう緊張してるかどうかっているより、自分のこの間の練習不足が演奏に出てるんだろうな~って思う。
自分のこの間のピアノに向かう姿勢も問われたところなんじゃないかな~って・・・
もう少し、がんばっていきたいところだ・・・

全ての演奏が終わって、審査講評も終わると、もう8時近く・・・
演奏した後は、ホッとするのか無性にお腹がすくんですよね~^^;
なので、会場隣りの西武で先生と娘さん姉妹といっしょに食事をすることになりました。
いつも八尾のホップステップの後の生徒さんとの食事会は西武と決まっていたので、
もう食事フロアのほとんどの店は一度は行っているのではという感じでしたが、
今日は娘さんのリクエストでオムライスのポムの樹に行きました(^^)
もう行くの3回目ぐらいかな・・・^^;
前回は茶碗6杯分のLサイズのオムライスを食べて呆れられたので、
今回はちょっと控えめにMサイズで注文^^;
Lサイズでもいけなくもないんだけど、途中で食べるのに飽きてくるしね(^^;
DSC_0120_convert_20130429185529.jpg
今回、写真撮るの忘れたので、参考までに前回撮った画像を・・・
右がSSサイズ、左がLサイズです(^^;

その後の食事の間のおしゃべりで、
娘さんが学校の専門のコース変更をしたということをきいてビックリ。
ピアノ科から作曲科に変わるんだそうだ・・・
確かに以前も、楽譜通りに弾くことよりも自由な即興演奏をイキイキと弾いているのを聴いて、
演奏家よりも作曲とかに興味あったりして?って聞いて、本人もそうかもと笑っていたけど、
本音だったのかな・・・
となると、今日の演奏やこの間の練習で、どこか演奏がふっ切れたような、のびのびした感じに聴こえたのも学校でのことがあったからなのかな~
娘さん、担当してたピアノ講師との相性があんまりだったみたいで、去年はちょっとしんどそうな表情や連弾してても気分が乗らない場面も見られたんだけど、またこれから新しいことを始めるって中では、今日とかも「楽しみ~」って言いながらのいい表情が見られてきてて、自分もとても嬉しい気持ちになりました(*^^*)
連弾は、引き続き相手してくれるっていうから、よかった~^^;

審査結果は、大人は後日、先生から聞くことになっています。
連弾は、去年同じ曲で金賞もらった時よりも断然出来は良かったし、少し期待してしまったんだけど、
結果は銀賞。
先生も金賞かな?と思ったと言ってたけど、
何でも、この曲、今年のピティナのコンクールの連弾課題曲になっているらしく、
そうなると審査も少し厳しめにつけられる傾向にあるらしい。
言われてみれば、審査員の講評も楽譜見てなきゃ書けないわなっていうような細かいアドバイスが書かれているし・・・
正直、少し期待したのでガッカリもしたけど、でもこのピティナの課題になったっていうのが、
この後思わぬ展開になっていくのです・・・^^;
DSC_0177_convert_20140430012414.jpg

DSC_0178_convert_20140430012452.jpg

DSC_0181_convert_20140430012622.jpg

ソロは、銀賞で、まあこんなものか・・・と思ったけど、ミスが目立った割には講評は意外に好意的なものでした(^^;
DSC_0179_convert_20140430012529.jpg

DSC_0180_convert_20140430012603.jpg

DSC_0182_convert_20140430012653.jpg

今回は練習もなかなかできない中での参加で、もう少しがんばれたかなと思う部分はあったものの、実際の演奏では、前に比べて落ち着いて弾けるような手応えも感じられたり、参加することでの収穫も色々ありました。また、チャレンジしていきたいで~す!






HPができました~

立ち上げようとしているピアノサークルのHPができあがりました!
知識0から作成本を片手に作ったので、とてもシンプルなHPですけど、
ようやく新しい活動を行なっていくためのスタート地点ができた気分です(^ ^)
シンプルですけど、今の自分の「こんなサークルを作りたい」、「こんなことがしたい」という思いはできるだけ盛り込んだつもりです。
あとは、いっしょに活動をしていく仲間の人たちと中身についてはまた更新をしていけばいいかな・・・

今回、サークルのHPを作るにあたっては、これまで参加させてもらったピアノサークルやピアノのイベントをずい分参考にさせていただきました。
そんなことを考えると何か新しいものを作るといっても、
結局色々なつながりの中で、できていってるんだな~とあらためて思います。

ここからがまたスタートです(^ ^)
どうか暖かい目で見守ってください~

HP→大阪ピアノサークルberceuse




プロフィール

kazu

Author:kazu
HN:kazu
性別:男
住んでいる所:大阪府東大阪市

2010年6月よりピアノを習い始めました。
その練習記録、レッスン日記、人前演奏記等…ピアノや音楽を通じての日々の出来事を綴っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
7939位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
398位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問して下さった方
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。